アンボーテフェミニーナウォッシュ 口コミ

アンボーテフェミニーナウォッシュをデリケートゾーンに使ってみた口コミ

 

このサイトでは今、人気急上昇中のデリケートゾーン石鹸「アンボーテフェミニーナウォッシュ」を実際に使ってみた口コミを掲載しています。

 

アンボーテフェミニーナウォッシュは

 

  • デリケートゾーンの臭いが気になる・・・
  • おまたが黒ずんでる・・・
  • デリケートゾーンにかゆみがある・・・

 

などの悩みをかかえている20代〜30代の女性に人気急上昇中のデリケートゾーン用の石鹸として人気急上昇中となっています。

 

アンボーテフェミニーナウォッシュを実際に使った口コミ

 

デリケートゾーン用石鹸として人気のアンボーテフェミニーナウォッシュには3つの特徴があります。

 

  1. オーガニック成分を配合
  2. デリケートな部分に使えるように低刺激
  3. 汚れを落としながらデリケートゾーンケア

 

実際に使ってみたからこそ分かる口コミとしては良い香りがします。泡立てるとローズシトラスの香りがほわ〜んと広がってくれるので良い感じです。デリケートゾーンの汚れを落とすだけではなく、香りの良い石けんで消臭効果がでるようにしているのではないかと思います。

 

悪い口コミの部分になるかと思うのですが、個人的に感じたのが泡立てネットの使用は必用かなと思います。

 

デリケートゾーン石鹸で重視をしなければいけないのが刺激が少ないかと保湿成分が配合されているかの点です。そもそも普通のボディソープと違って専用の石鹸を使うのはこの2点が理由となります。この部分についてはまた後ほどご説明します。

 

そのため残念だなと感じたのが泡立てネットが付属していないことです。できるだけ刺激を与えないよう考えるのであれば泡でやさしく洗い流すに越したことはありません。とはいえ家に持ってはいますし、100均でも販売はされているのでそこまで気にするようなことではないんですけどね・・・。あえて使ってみて気になったのがこの部分ぐらいかなって感じでした。

 

アンボーテフェミニーナウォッシュを使いはじめて3週間ごろぐらい経ったころから臭いについては気にならなくなりました。今まで、トイレに座ったりすると臭いがぷ〜んと漂ってきていたのですが、気づいたら便座に座っても気にならなくなりました。

 

黒ずみに関しては残念ながら色が白くなったなんてことはありません。ただ、ここに関しては当初の予定通りなので問題ありません。そもそも勘違いしている人が多いですが、石鹸は黒ずみを薄くするためのものではありません。

 

アンボーテだけでなく石鹸は黒ずみを薄くするためのものではない

 

先ほども紹介したように黒ずみができる原因は皮膚に与えられて刺激によってメラニンが過剰に分泌をし、皮膚に付着して色素沈着をしているのが原因です。

 

そのため、黒ずみを薄くしたいのであれば考えられるのはそもそもの色素沈着したメラニン色素を排出するか色素沈着した古い皮膚細胞を剥がす必用があります。しかし、デリケート石鹸全般がそうなのですが、メラニン色素を排出するような成分が配合されている訳ではありません。

 

そのため、色素沈着したメラニンをどうにかしたいのであれば、ハイドロキノンと呼ばれるような副作用のある薬を使う必要がでてきます。ハイドロキノンは肌の漂白剤なんて呼ばれたりもする成分なのですが、刺激が非常に強いために日本では医師の許可なしでは販売することができない薬です。(副作用としては刺激から黒ずみができてしまったり、赤く腫れて肌荒れを起こすなどがあります。)

 

デリケートな部分だけにハイドロキノンを使うのは難しいのですね。

 

しかし、皮膚にはターンオーバーと呼ばれる働きがあります。皮膚は常に古い皮膚細胞(角質)を剥がし、新しい皮膚細胞を作りだしています。この働きの周期をターンオーバーと呼ばれているのですが、正常に働くようにするために必用となるのが保湿をすることです。

 

そのため、アンボーテに配合されている保湿成分でデリケートゾーンを保湿する助けをすることができるのですが、メラニンを除去する訳ではありません。肌の状態が良い人でもターンオーバーの周期は1ヶ月かかるといわれており、長い人だと3ヶ月かかったりするともいわれています。

 

アンボーテフェミニーナウォッシュだけでなく全てのデリケートゾーン石鹸でも同じですが、ターンオーバーを促して黒ずみ対策をするのであれば最低でも3ヶ月はかかると考えた方が良いです。

 

ボディソープではなくアンボーテフェミニーナウォッシュを使った方が良い理由

 

デリケートゾーン石鹸を利用する理由としては他のからだの部分に比べて皮膚が薄いことが関係しています。

 

皮膚は刺激を与えることによってメラニンが分泌され色素沈着をするので黒ずみができてしまいます。また、ゴシゴシ洗うことによって保湿剤の膜を剥がしてしまうので乾燥をするようになります。皮膚の水分はバリア機能と呼ばれる皮膚に与えられる刺激を守る役割を行っているので、乾燥することで刺激に弱くなってしまうのですね。特にデリケートゾーンって呼ばれ方からも分かるように皮膚が薄い部分となるので刺激は厳禁となるのです。

 

アンボーテフェミニーナウォッシュであれば保湿成分が配合されていますし、コスモス認証をクリアしていることからも分かるようにオーガニック成分が豊富で刺激成分がほとんど使われていないのが分かります。

 

できるだけ刺激を与えずに汚れを落とし、なおかつ保湿効果などの美容効果があるとされるオーガニック成分が配合されているのですね。

 

ここが普通のボディソープとは異なる点となります。

 

アンボーテフェミニーナウォッシュを使用してみての感想

 

アンボーテフェミニーナウォッシュを使ってみましたが、下記にあてはまるのであればおすすめすることができます。

 

  • 黒ずみが気になる
  • 臭いが気になる
  • デリケートゾーンにかゆみがある

 

ただ、黒ずみがすぐに白くなるって勘違いしている人にはおすすめすることはできません。副作用を覚悟して病院で処方して貰ったハイドロキノンのような薬を使う方がいいはずです。そうではなく、デリケートゾーンケアを安全にしたいって人であればアンボーテフェミニーナウォッシュはおすすめすることができます。

 

特に黒ずみやかゆみ、臭いが気になっている人でデリケートゾーン石鹸を使用をしていない人であればよりおすすめすることができます。